2014年3月31日月曜日

OpenZFS on OS X (6) ファイル名関連の挙動

「ZFS on Mac」というタイトルで続けてきたこのシリーズですが、OpenZFS on OS Xの正式リリースに対応して改題しました。
本命中の本命ですし、ZFS on Macに「次」は多分無いでしょうから・・・

しかし長い名前ですね。長いのでOpenZFS on OS X=OoO X=O3Xという略称が提唱されています。
MacZFSの後継として名前を継承するか、OpenZFSの一味として名前を付けるかで若干モメたっぽいですが、OpenZFSを採ったようです。
(英語の微妙なニュアンスもわからない上、一番活発なircを見ておらずMLだけ斜め読みした感覚なので完全に余談ですが、旧来のMacZFSを開発してきた人達とZFS on Linuxベースで開発を進めてきた人達はあまり仲良くなさそうな気がします。まあMacZFS側からすると黒船襲来っぽい感じで(違うか)わからないでもないけど・・・)

さて、今回からはOpenZFS on OS X(以下O3X)について検証していきたいと思います。
思いつく範囲だと
・HFS+との差異
・ZEVOとの相互運用性
・ZFS on Linux等他のZFS実装との相互運用性
・netatalk+ZFS環境との相互運用性
こんなところでしょうか。

一番気になるのはZEVOとの相互運用性です。
というか、(一方通行な)ZEVOからの移行問題ですね。移行できればもうZEVOに戻ってくることはないので。

その他の相互運用性は蛇足ですが、トラブル時のデータ復旧などでは他のプラットフォームでマウントできた方が嬉しいことが多いです。
netatalk動いてるサーバーが死んだ際に取り急ぎHDDだけMacに繋いでデータが読めれば便利ですし、本家たるillumosで読める状態で運用できれば安心感が増します。
実際、ZFS on Linuxでresilverが延々繰り返されるトラブルに遭遇した際、OpenIndianaでimportしたら何事もなく完了した、なんてこともあったし。
このあたりについてはillumos・FreeBSD・ZoL・O3Xは共にOpenZFS陣営なのでfeature flagsの対応/非対応だけ注意してれば容易にimportできます。
-o version=28でzpool createしておけばSolaris11でも読めるはずです。

とりあえず今回の話題は(大して問題のなさそうな)ファイル名についてです。

2014年3月25日火曜日

ZFS on Mac (5) OpenZFS on OS X、リリース

ZFS on Macが大きなマイルストーンに到達しました。
開発中だったMacZFSのalpha版OpenZFS on OS Xとして3/13にリリースされました。
ZFS on Linux 0.6.2ベースのバリバリの最新版、Snow LeopardからMavericksまで対応と非の打ち所のないZFSです。

じゃあちょっと経緯書くわ。